®️blog

興味なくても見たあなたの自己責任でよろしくお願いします(笑) 責任取れません。

孫正義さんの言葉

皆さんこんばんは。

 

今日は名言とまではいきませんが、とあるつぶやきについて

お話させていただきます。

 

これは数年前につぶやかれた言葉なのですが、

今でもなぜか強く印象に残っており、忘れられない言葉になっています。

 

 

その言葉とは、、、

 

 

「髪の毛が後退しているのではない、私が前進しているのだ」

 

 

という言葉です。

 

冗談だと思っていますか?

 

 

ほんとにつぶやかれた言葉ですよ。

 

 

これはソフトバンク孫正義さんが2013年にツイッター

発信した言葉になります。

 

 

この言葉を見た時に携帯を思わず二度見したのと同時に、

孫正義さんの人間性を感じました。

 

 

 

世の中には、弱みや弱点を認めることを極端に嫌う人がいます。

私もかつてはその一人で、弱みを認めることは苦手で、

指摘された際はとてもイライラしていました。

 

 

でもこの言葉を見た時に、弱みやできないことがあるというのは

人として当然だと思いました。

世の中にすべてのことを完璧にできる人間というのは、

おそらく誰一人としていないのではないかと思います。

 

 

ロボットでも無理だと思います。

 

 

 

だからこそ、弱みを見せれる人に対して、人間味を感じますし、

その方への理解も深まるのと同時に

信頼感が高まってくると思います。

 

 

人は弱みを克服する姿に共感を抱くのだと思います。

 

 

今、実際に研修を受けているのですが、

エクセルが苦手だったのですが、友達に一から教えてもらって

今では多少使いこなせるようになりました。

 

 

スピーチで緊張してしまう癖があるのですが、

友達とそのことについてよく話したおかげで、

思ってた以上に成功しました。

 

 

実際に弱みを認めるということをしたから、

このような結果を得ることができ、

コミュニケーションの質も上がりました。

 

 

今回、孫正義さんの

「髪の毛が後退しているのではない、私が前進しているのだ」

 

 

という言葉から伝えたいことは、

 

 

「人は弱みを認めて、アクションを起こすから成長できる」

 

 

ということを伝えたいです。

 

 

弱みを認めたからといって、攻めてくる人はいないと思います。

借りに弱みを攻撃してくる人がいたら、

その人は大した人じゃないので、完全に無視でOK!

 

 

皆さんも時間がある時に自分と見つめ合ってみてはいかがでしょうか。