®️blog

興味なくても見たあなたの自己責任でよろしくお願いします(笑) 責任取れません。

激闘の中小企業診断士二次試験

皆様、大変ご無沙汰しておりました。

一次試験合格通知以来の投稿です。

 

昨年10月から勉強を始めた、中小企業診断士試験。

先週の10月30日を以って、二次試験が終了しました。

 

約一年間無休で走り続けられたのは、今後にとってもいい経験でした。

手ごたえとしては、皆無なので来年再度挑戦かなぁ?

って少しだけ感じています。

 

今回のブログの内容は、感想メインでいきたいと思います!

 

続きを読む

中小企業診断士一次試験の結果発表

皆さんこんにちは。

大変ご無沙汰しておりました。

 

ついに今週、8月上旬に受けた中小企業診断士一次試験の

合格発表がなされました。

 

この一か月生きた感覚がなく、

ドキドキソワソワの毎日でした。

 

ただ、結果が出た時は膨大な数字の中から受験番号を探すのではなく、

Ctrl Fでしっかりと絞り込んで確認していました。

 

さて、結果はどうだったのでしょうか。

 

経済:56点
財務:60点
経営:57点
運営:72点
法務:68点
情報:60点
中小:61点
合計:434点

無事一次合格でした💮

 

f:id:dokaren:20220911210642j:image

 

一安心です。

ただ、10月末には二次試験が控えているため、

余裕こいている暇はありません。

 

1年以上対策してきている方や、

一次試験合格者たちと20%を競い合うわけです。

 

まぁまぁまぁ、厳しい戦いになると思います。

 

ただ、不可能なことではありませんので、

道筋を的確に定め、進めていきたいと思います。

 

ただ、今の自信の感覚としては、

絶対に合格はできないであろう。のレベルです。

 

・時間内に解き終わらない

・何かいたらよいかわからない

・解答用紙が埋まらない

・文章がぐちゃぐちゃ。。。

 

他の方も本当に最初こんなレベルだったの?

って思うぐらいひどい出来ようだと思います。

 

ただ、過去の経験からすると全く同じ道をたどっています。



高校生の時も最初は同学年の中でもうまい方ではなく、
3年間メンバー外で終わるのかなって悟っていました。
 
しかしながら、そこから練習を重ねることでどんどん成長し、
2年生でメンバー入りして甲子園優勝。
3年生では副キャプテンで正捕手。
と1年生時では考えられない結果を生み出していました。
 
それに当てはめると、今は高校入学時段階です。
「無理なのかな。厳しいのかな。」こんな状態ですが、
自分に負けずやり抜けば確実に行けると思っています。
 
わりかしきっかけをつかめばある程度センスがあるほうだと思っているから。
掴むまで最初は時間がかかりますが。
 
そんなわけなので明日も自分に向き合いたいと思います。
 
ここで、一つ誇れることがあります。(笑)
「昨年10月から診断士の勉強を始めて、
今まで一日も勉強をやらなかった日がないこと」
 
これは本当に大きなことだと思っています。
 
だって、高校野球をやっているときでも、
オフの日にバット振らなかったこともあるし、
晦日は全く体を動かさない日もあったから!
 
この診断士の勉強に関しては、
晦日・GW・お盆、勉強をやらなかった日はありません。
それだけ今年にかける想いは誰よりも強いです。
 
二次試験まで残り50日を切っていて、
不安だらけですが自分を信じてやり抜きます。
 
皆様にいい報告ができるように。。。
 
 

 

 

中小企業診断士一次試験終了!

皆様こんばんは。

実は先週末、とうとう一次試験がございました。

昨年の10月中旬から勉強を始めて約半年間。結果はいかがだったのでしょうか?

 

まず、初めに半年で取り組んだ時間はこの通りです。

f:id:dokaren:20220808221119j:image

50分を全て1時間で換算しているので、約1800h。

他の人から見ても相当やり込んだ方だと思います。

 

平日は朝4時過ぎに起きて5時間、土日は10時間ほど取り組んできました。

理由は、社会人経験且つ勉強経験がないためです。

誰よりも多くの時間を割いて、過去問に浴びるぐらいやらないと無理だと思っていましたから。

 

結果、モチベーションがブレる時もありましたが、確実に実力は定着してきました。

口で説明はできないが、問題を見たらなんとなくわかる。

これだけでも昔からしたら大きな一歩なんです!!

本当に、微分GDPや製造業すら明確に何かわからないほどのレベルでしたから。😀

 

これは僕が野球をやってきた時の経験則にはなりますが、

本当の超一流は、人が寝ている時に練習して、人が遊んでいる時に練習する。

マジで引くぐらいめちゃくちゃやる。

それを知っているからこそ、とりあえず時間だけはできるだけ割こうと思い、

誰よりも問題集や過去問と向き合ったと思います。

 

 

では、試験当日の結果はどうだったのか(想定)お伝えします。

令和4年中小企業診断士 一次試験

f:id:dokaren:20220808221140j:image

経済:56点

財務:60点

経営:57点

運営:69点

法務:68点

情報:56点

中小:61点

合計=427点

 

めちゃくちゃギリギリ!笑

+7点で上手くいけば合格できてそうです!

 

こんだけやってこの点数かよ!

てなるかもしれません、僕もなりました。笑

 

正直もっと取れると思っていたし、

圧倒的な結果を残せると試験前までは思っていました。

 

ただ、蓋を開けてみれば非常に苦しい戦いで、ギリギリの結果に。

個人的には悔しいですが、結果としては6割越えればOKなので完璧。

 

練習では、結果や中身にこだわる必要があるが、

大会(最後の夏)では、勝てばOK、次につながればOKの世界なので、

一旦は二時試験にステップアップできる土俵に登れたことは光栄です。

 

二次試験も綺麗な答えはいらない。

上位2割に入る回答をかければ合格できる。

 

 

強者揃いで簡単な試験ではないですが、

自分を信じてやり抜きたいと思います。

泥臭く、ギリギリしぶとく勝ち残れるように日々やってきます。

 

ひとまずリラックスできるのは、11月以降になりそうです!😁

 

◇その他

・年齢層は40〜50・それ以上の方がめちゃくちゃ多かった。

 ⇨幾つになってもその挑戦する心にマジで尊敬した。

・男子トイレは、ユニバのハリドリ超えてきた

 ⇨男子8割の試験なので、20〜20人ぐらいトイレに並んでます笑

 

 

 

 

 

とうとう残り6日

皆様こんばんは。

本当に本当に更新できず申し訳ございません。

 

元気です!

ただ、勉強が追い付かない。。。

一旦の区切りまで残り6日まで来ております!

 

続きを読む

中小企業診断士中間報告

皆様、大変ご無沙汰しております。

なかなか更新できずで大変申し訳ございません。

 

体調も万全で生存しております!

2月にコロナにはかかりましたが...

 

さて、中小企業診断士一次試験まで残り

 

「62日」

 

このブログで、勉強始めました!と書いたのは、

10月下旬ごろでしたがとうとう2か月ほどとなりました。

 

本当に早い。

毎日1日も欠かさず勉強はしてきたが、わからない。

 

おそらく当日の試験用紙が手元に配られて、

解き始めるまでこの不安は消えないと思います。

 

ただ、社会人の誰よりも毎日やってる自信はある。

それだけは、持って当日望みたい!

 

 

続きを読む

営業活動始めました。

皆さんこんばんは。

本日は、祝日ということでブログ更新します。

 

コロナからも復帰し、今週は万全の体調で頑張っています!

皆様もコロナには十分気を付けてお過ごしください。

 

 

本日のテーマは「営業」です。

 

 

私は、現在新卒一年目で営業活動をしています。

商材は、ITソリューションです。

 

IT未経験の状態で営業マンとして活動しており、

先輩を見て、自分で調べて、日々学んでおります。

 

もうそろそろ入社から1年たちますが、

今週ようやく会社紹介以外の提案活動を行いました。

 

もちろん営業マンなので提案してなんぼです。

その為に、毎日商品の勉強をしていました。

 

よし、今までの成果出したるぞ!!!!

f:id:dokaren:20220211194313j:plain

と、意気込んでいました。

 

さぁ、始まりました。

今回はオンラインでの新規商談です。

 

まずは会社紹介。

うんうん、練習通り、まぁまぁいい感じ。

 

。。。

 

次って何やるの??

 

そもそも、営業活動の流れを知りませんでした。

ヒアリング?製品紹介?

 

ヒアリングも何を聞いたらいいのかわからないので、

一旦、製品紹介を行いました。

 

なー-んか、俺ばっか話してんな。

そう違和感を持ちながら一通り製品紹介を行いました。

 

その後、先輩の助けももらいながらヒアリングを行い、

その場は終了しました。

 

 

営業活動中に感じていた違和感を解消するために速攻調べました。

 

そもそもの流れが全く違う。

回答に対しての切り返しの仕方。

ヒアリングの方法。

話し方。

 


営業に関する必要な知識や技術がめちゃめちゃありました。

もう片っ端からやるしかない。

 

そんな気持ちです。

 

 

 

後、僕が色々調べる前と調べた後で一番驚いたのは、

営業はセンスではなく、全て構造化してる。

f:id:dokaren:20220211195325j:plain

 

全て型があり、その型に当てはめて行う。

そうすることで安定した成績と高い成約率。

 

話のうまさや、センスじゃない!って知れたのは、

今後のモチベーションにもつながったしやる気が出てきた。

 

向き合ってやればやるだけ上達できる。

それなら本気でやるしかないでしょう。

 

ここでしっかり営業について学ぶことで、

今後ビジネスマンとして確実に生きてくる。

 

そう思ってやるしかないです。

 

今年は、中小企業診断士合格を掲げてましたが、

同時に営業マンとしても成長します!

 

毎日どうやったら成長できるか考えて、実践すれば

絶対今の自分より高い位置に行けるはず。

 

VUCA時代に企業はどうやって生き残るのか

皆さんこんばんは。

今週は二日続けての更新となります。

 

なぜか?

本日の勉強中におもろいことを学んだからです。

 

まずは本日の報告からです。

 

f:id:dokaren:20220206195744j:plain

 

総勉強時間:10.5時間

内訳)

財務会計:5時間

中小企業診断士二次試験事例Ⅱ:3時間

経営情報システム:2時間

100字訓練:30分

 

土曜日、日曜日同じ勉強時間を確保しました。

 

というのも、コロナ明けでまだ外に出るのは躊躇したので、

家で待機したついでに勉強積み上げました。

 

 

で、本題。

「VUCA時代に生き残る企業はどういう財務体質か?」

まず、VUCAとは、予測困難という意味です。

 

将来の予測をするのが困難で、

これまでの常識を覆すような社会変化が次々と

登場するような時代です。

 

こんな時代に企業はどういう戦略で生き残るのか。

それを見るうえで重要なのが財務体質です。

 

f:id:dokaren:20220206200245j:plain

 

企業が勝ち残るには、

売り上げを上げるor費用を減らす

の2つしかありません。

 

売り上げを上げるを細分化してみると、

売り上げ=客単価×客数になります。

 

もちろん企業の目的は、

永続的な成長・利益の最大化なので、

利益を最大化させる為に企業努力は欠かせません。

 

しかし、この予測困難な時代では簡単に

利益を上げれるほど甘くありません。

 

 

 

では、勝ち残るために必要な2つ目。

費用を減らすこと。

 

細分化してみましょう!

企業の費用の内訳は、

原価=変動費+固定費です。

 

固定費とは、土地・建物・設備・人件費など。

変動費は、材料費、販売手数料など生産量に比例して増加する費用。

 

さぁ、どちらを削減したらいいのかな?

 

f:id:dokaren:20220206201040j:plain

 

今までよく聞く話だと、まずは固定費の削減といわれます。

 

設備を削減しなさい。

建物を売却しなさい。

人件費を削減しなさい。

という風に。

 

確かに固定費を削減すると、

損益分岐点が下がる→小さい利益でも利益を出しやすい。

r利益が出しやすい体質」になります。

 

ではこれを見てみてください。

例)

売上高 :100円  売上高 :100円

変動費 :20円    変動費 :60円

限界利益:80円         限界利益:40円

固定費 :60円         固定費 :20円

営業利益:20円         営業利益:20円

営業利益を変えずに、

固定費の割合を変化させました。

 

では、この比率を変えずに売り上げを上げます。

 

例)

売上高 :200円  売上高 :200円

変動費 :40円    変動費 :120円

限界利益:160円       限界利益:80円

固定費 :60円         固定費 :20円

営業利益:100円       営業利益:60円

 

あれ?

 

売り上げが二倍になったのに、

営業利益に大きく差が出ている。

 

固定費を削減したら、売り上げ増加に対する

営業利益の増加割合が低い。

 

そうなんです。

それが、僕が今まで知らなかったことなんです。

 

固定費が大きい企業は、限界利益が大きく

固定費さえ回収できれば売り上げ増加で著しく利益が増加します。

いわゆるハイリスクハイリターンで攻めに強い企業。

 

めちゃめちゃおもろいやんって思いました。

 

 

今までは、とりあえず固定費削減や!

って言ってましたが、こういう考え方もあるのかと。

 

需要変動の激しい時代に固定費の高い企業は、

売り上げ増加の機会原価が最小に→スムーズに需要対応できる。

 

 

固定費の低い企業は、

売上増加→社内に資源がない→増大する需要で他社に依存するしかない。

 

なかなか面白いですよね。

最近勉強してた中で、一番なるほどね!でした。

 

 

しかし最後に一つ思ったことは、

大企業は経営資源が多く固定費が高くても、

大きな利益を上げれる可能性が高い。

 

しかし中小企業や小規模事業者は、

経営資源が豊富になく固定費の比率を上げるのはリスキー。

損益分岐点を下げることで、小さな売り上げでも

利益を確保することができる。

 

 

結論、企業の規模の大きさや経営者の考え方、

ビジネスモデルや企業の成長に伴って、

財務体質を変えていくというのも必要なことなんだなと。

 

一概に固定観念だけで、固定費削減やぁ!

って言ってたけど、それだけでは無く、新たな視点を学べました。

 

中小企業診断士の勉強を、

約4か月ほど継続していて一番の発見でした。

 

 

学ぶ姿勢を忘れずに、興味関心を持っていれば

これ以外にももっと新たな視点で物を見れるのが、

このいまの世界だと思います。

 

 

 

今週も頑張りましょう。