®️blog

興味なくても見たあなたの自己責任でよろしくお願いします(笑) 責任取れません。

全日本空輸(ANA)2021年度決算分析

おはようございます。

 

本日は全日本空輸ANA)の財務分析を
行いたいと思います。

 

ANAは皆さんご存じだと思います。

飛行機・リゾートなどを行っている企業です。

 

orange and white passenger plane on airport during daytime

 

コロナウイルスの影響もあり、

騒がれていた企業の一つでもあります。

 

 

中身を知りたかったので、

出来る範囲で簡単に分析してみました。

 

私が行った分析から興味がわきましたら、

B/S、P/L、C/Fなどは各個人で見ていただけたらと思います。

 

EDINET

↑こちらのサイトから上場企業の

決算短信が見れます!

 

 

ではいきましょう。

 

 

 

ANA決算短信 

(単位:百万円)

 

正味運転資金:722897

流動比率:243.6%

当座比率:221.6%

固定比率:195.5%

固定長期適合率:73.2%

負債比率:216.9%

自己資本比率:31.6%

手元流動性:965719

手元流動性比率15.9(月)

インスタント・ガバレッジ・レシオ:ー27.7(倍)

ROA:-14.1%

ROE:-40%

売上高純利益率:-55.5%

総資産回転率:0.2

財務レバレッジ:316.9

売上債権回転率:7%

売上債権回転期間:52.1日

棚卸資産回転期間:5.8日

仕入れ債務回転率:4.5%

仕入れ債務回転期間:81日

キャッシュコンバージョンサイクル:-22.4

営業キャッシュフローマージン:-37.1%

自己資本営業キャッシュフロー:-26.7%

営業キャッシュフロー対流動資本:-53.7%

設備投資営業キャッシュフロー:-29.5%

変動費:1000000

変動比率:137.2%

限界利益率:-37.2%

 

フリーキャッシュフロー:-866200

BPS:2141

EPS:-1082

連結子会社:56社

持分法適用会社:14社

 

 

以上、こんな感じで簡単に分析してみました。

 

 

コロナの影響で、-が多い分、分析の数字が

おかしくなってしまっているところもあると思いますが、

おかしくなるぐらい―が計上されてると理解ください。

 

 

気になる点としては、やはり負債比率の高さや、

フリーキャッシュフローの数字。

 

 

厳しい業績がうかがえました。

 

 

+決算にするのは大変ではあると思いますが、

今期に期待です。

 

 

そろそろ出社時間になりますので、

早足になりましたが、ご参考までに!