®️blog

興味なくても見たあなたの自己責任でよろしくお願いします(笑) 責任取れません。

ストレスの認知

皆さんこんばんは。

 

 

今日は昨日から読み始めた本の内容を少し話して

行きたいと思います。

 

まず初めにストレスに対してどう感じていますか?

 

 

ストレスは感じたほうがいいですか?

ストレスは感じないほうがいいですか?

 

 

結論、どっちでもいいです。

 

 

ストレス自体悪いものではないみたいです。

 

 

アメリカの実験なんですが、

年を取ることに対してストレスを感じていた人は

ストレスを感じていなかった人に比べて、

早くなくなっています。

 

 

そして、思い込み次第でなんにでもなるということです。

 

 

偽薬を投与されても本人が、これは治る薬だと思って

飲んでいたら全然効果のない薬でも治った気がしますし、

偽薬と分かっていて、日々健康のためにいいですよ!

といわれてそう思って投与していれば健康になるはずです。

 

 

人ってそんなもんなんです。

 

 

あなたが頭が悪いと思えば、頭はどんどん悪くなるし、

運動してないと思っていれば、あなたの体はぶよぶよです。

 

 

しかし、日々の業務が割とハードでそれを運動ととらえる人は

前者に比べて引き締まった体をしています。

 

 

それぐらい思い込みというのは凄くて、

ストレスを力に変えるととても大きな力になります。

 

 

ストレスというのは、

「自分にとって大切なものが脅かされたときに

生じるもの」です。

 

 

なのであなたがストレスを感じているときというのは

あなたにとって大切なものが侵されているということです。

 

ですが、その感じたストレスというのは考え方を

変えれば力につながるということです。

 

 

今はまだここまでしか読めていないので、

また読み進めていったら話していきたいと思います。